北の国から

 昨晩の飛行機で北海道にきています。真冬の北海道はほぼ25年ぶりになります。この冬は暖冬で雪も少ないということですが、窓の外は氷点下で時折雪が舞い、1時間くらいかけ汗だくになって雪かきした車庫の前にも、もうすでに5センチくらいの新雪が積もってきています。今夜は、深夜まで雪が断続的に降るという予報です。雪かきは、北の国の冬の果てしない不条理な戦いなのです。




家の中はとても暖かくなっていますが、日暮れに車で買い物に出ると、さすがに厳しい寒さを瞬間味わうことができます。しかし、大勢の人々がここで暮らしています。

そしてこういう凍てつく寒さは、私に幼いころの記憶を鮮やかに呼び覚まさせます。私が幼かったころは、この国も私の家族も、もっとずっと貧しく、そして悲しく、こういう寒さの中を生き延びていくことだけで精一杯だったのではなかったでしょうか?

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Livedoor BLOGOS 掲載記事一覧

無題.jpg

Twitter

selected entries

categories

recent comment

  • PLCと分電盤
    通りすがり
  • 米国のインバウンド・アウトバウンドから日本の状況を考えてみる
    3rdworldman
  • 米国のインバウンド・アウトバウンドから日本の状況を考えてみる
    3rdworldman
  • 米国のインバウンド・アウトバウンドから日本の状況を考えてみる
    寺前秀一
  • 日本に住む外国人の数と中味の変化を見てみる
    TPPsan
  • LNGと原油の月次輸入通関実績推移
    yyy
  • 訪日旅行者数(インバウンド)目標2000万人について考えてみる
    一般社団法人国際観光政策研究所
  • 健康寿命世界一
    3rdworldman
  • 健康寿命世界一
    丸山寛之
  • 大きく転換した米国の国際収支
    3rdworldman

recent trackback

profile

書いた記事数:190 最後に更新した日:2017/01/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM